「初めて、初心者」を謳うのぼりの若葉マークってわかりやすい

のぼりは宣伝をしたい相手を対象としたデザインに
作ることが大切ですが、例えば自動車の教習所であったり
初心者向けのパソコン教室や語学教室のようなもので
あった場合、初めての人でも大丈夫だと言うことを謳う
若葉マーク等がついていると非常にわかりやすくなります。

マークをつけるこのような初心者の人たちというのは、何かを習おうと
している時に、素人であっても大丈夫だろうかという
不安があるので、のぼりを目にしただけでは
お客さんとなってくれる可能性が低いものです。

しかし、そののぼりに若葉マークを記入するだけでも、
そのような不安を持っている人というのは安心感を
持つことになり、そこに行ってみようという気に
させることが出来るのです。

のぼりというのは非常に目に付きやすいものだけに、
パッと見て全てを伝えることができるような作りに
しておくことが重要で、特に対象者が初心者であるならば
それをわかりやすくするために、若葉マークなどを
デザインするのは非常に効果的になるのです。

一目で分かる

のぼり旗を通販で購入する時の確認ポイント

ひと口にのぼり旗といっても、その色や柄、文字の大きさの大小、
配置など、使う業種や場所などによっても、本当にさまざまなものが
用意されています。※http://xn--u9j2a4bz157azt0b9ke.com/のぼり旗通販ドットコム/オリジナルデザイン京都のれん株式会社

現在は、通販でも手軽に注文して、手にすることが出来る
宣伝用のアイテムだといえますが、届けられるまでは
画像でしか確認出来ないものですから、注意が必要な
点もあるのではないでしょうか。

注意が必要

特に、のぼり旗を通販で購入する場合の確認ポイントとしては
大きくてはっきりとした印象を持つ文字が印刷されているものを
選ぶことがひとつでしょう。

また、たとえ文字が大きくて近くでは見やすくても、文字の色と
背景色のバランスによっては、遠くからは見えにくい場合もあります。

そのようなことに十分注意をして、のぼり旗を選ぶと
良いのではないでしょうか。

さらには、選んだのぼり旗の背景色が紫外線によって、
早く退色してしまいやすいことも考えられますから、
文字色とともに、背景色の選択も重要なのではないでしょうか。

文字色と背景

オリジナルののぼり旗の印刷の方法は?

オリジナルののぼり旗の印刷方法の種類ですが、ダイレクト捺染と
昇華転写捺染という方法があります。

印刷の違い

両方とも見た目には大きな差はありません。
何が違うのかというと、昇華転写捺染の方が
鮮やかな仕上がりで発色が良いことが多いです。

オリジナルののぼり旗の下のデザインが写真を使用する場合は
昇華転写捺染を選択することをおすすめします。

昇華転写捺染の方がダイレクト捺染で作成したものよりも
生地の感じがやわらかく仕上がります。

何故かというとダイレクト捺染の生地は、直接色をのせても
キレイに仕上がるように、もともと生地の表面に
特殊なコーティングを施してあるのです。

昇華転写捺染は特殊なコーティングをしていないので、
生地の風合いそのままに仕上がるからです。

発色が綺麗

これらの違いが出る理由としては、ダイレクト捺染は印刷であるのに対して
昇華転写捺染というのは染めになるからです。

昇華転写捺染はインクジェットプリンターで転写紙に印刷をしたあとに
生地をかさねて熱で転写させる手法になります。

ダイレクト捺染は転写紙を使用せずに、生地にプリントしたあとに
そのまま高温で熱をかける手法になります。

この転写という工程があるかないかによって、染めかどうかの違いを
生んでいるのです。

オリジナルののぼり旗ではどちらが多いのかというと、
ダイレクト捺染の方が圧倒的に多いです。

何故かというとダイレクト捺染の方がオリジナルののぼり旗を
安く作ることが出来るからです。