染めののぼり旗の特徴

のぼり旗は、店外にあり往来するものに来店を促すものです。
いわばお店の顔でもあり、その店のコンセプトを表しています。

そしてのぼり旗にもその形状には種類があります。
一般的には化学繊維にプリントされたものが多く
いかにも商業用で商品の名前やキャッチコピーが
かかれたものです。
この印刷の方法によっては目立つものになり
その用途を達成しますが、のぼり旗の中には
天然素材の生地に色を染めて、独特の味わいを
出しているのもあります。

費用の対策

天然素材なので安い感じは全くせず、その作品によっては
非常にクオリティが高いために、そののぼり旗を見るものを
惹きつける味わい深いもので、実に高級感に満ち溢れています。

ただこの染めのもの設置するときに、店の態様と合せないと
あまりにも突飛で、イメージに合わないとなるとかえって
集客効果が奪われてしまうので、導入するときは
よく考えて購入するべきです。

お店に独特な高級感を出したいときは
最適なアイテムであることは間違いないです。

プリント方法

昇華転写というのぼり旗の印刷方法

のぼり旗をオーダーする時には、次の2つの方法があります。
昇華プリントと昇華転写という方法です。

まず、昇華プリントは、にじみ止め加工を施した専用布地に対して
直接プリントする方法です。

専用の布地このプリントは、濃い色合いとコストを抑えて制作が出来るのが魅力です。

そして、昇華転写は、転写紙にプリントしたものを熱で布地に転写する方法です。
こちらは、布地の質感や風合いを保ちながらも、鮮やかな色合いや細部まで
しっかりと表現することが出来るのが魅力です。

のぼり旗をオーダーする際には、こういった方法があり
用途や設置場所などの条件に合わせて選ぶようにすると、
より効果的にのぼり旗を活用できるようになります。

のぼりの魅力

このような方法で、オーダーをすれば、手軽に高画質、
高濃度の鮮やかなのぼり旗を発送してもらえます。

たとえ、1枚からでもオーダーが出来るので、試しに
制作してもらいたいという場合でも、安心して
通販サイトでオーダーが出来ます。

インクジェットでののぼり旗の特徴

のぼり旗の印刷方法の一つに、インクジェット印刷と呼ばれるものがあります。
昇華印刷とも呼ばれるこの印刷方法には、いくつかの特徴があります。

まず、製版が不要なため料金が割安であるというものです。
シルクスクリーン印刷では製版を作る必要があるため、
その分が料金に反映され高くなります。

インクジェット印刷インクジェットではその必要がないので、
少量だけを安い料金で作れます。

1枚から印刷することも可能なので、それぞれ
デザインを変えたり色違いを作るのも簡単です。

製版が不要な分、出来上がりまでにかかる
時間も短くなっています。

急いで作って欲しいという時にも使える印刷方法です。
写真やグラデーションのあるデザインの印刷にも適しています。

フルカラーでの印刷が可能なため、人物や料理の写真を
レイアウトしたのぼり旗に向いています。

フルカラー

一方でインクジェット印刷には、生地が薄めなので、
裏が透けやすいという特徴もあります。

そのため色の発色もどちらかというと薄めになるので、事前に
仕上がりのイメージを確認しておく必要があります。

オリジナルののぼり旗の印刷の方法は?

オリジナルののぼり旗の印刷方法の種類ですが、ダイレクト捺染と
昇華転写捺染という方法があります。

印刷の違い

両方とも見た目には大きな差はありません。
何が違うのかというと、昇華転写捺染の方が
鮮やかな仕上がりで発色が良いことが多いです。

オリジナルののぼり旗の下のデザインが写真を使用する場合は
昇華転写捺染を選択することをおすすめします。

昇華転写捺染の方がダイレクト捺染で作成したものよりも
生地の感じがやわらかく仕上がります。

何故かというとダイレクト捺染の生地は、直接色をのせても
キレイに仕上がるように、もともと生地の表面に
特殊なコーティングを施してあるのです。

昇華転写捺染は特殊なコーティングをしていないので、
生地の風合いそのままに仕上がるからです。

発色が綺麗

これらの違いが出る理由としては、ダイレクト捺染は印刷であるのに対して
昇華転写捺染というのは染めになるからです。

昇華転写捺染はインクジェットプリンターで転写紙に印刷をしたあとに
生地をかさねて熱で転写させる手法になります。

ダイレクト捺染は転写紙を使用せずに、生地にプリントしたあとに
そのまま高温で熱をかける手法になります。

この転写という工程があるかないかによって、染めかどうかの違いを
生んでいるのです。

オリジナルののぼり旗ではどちらが多いのかというと、
ダイレクト捺染の方が圧倒的に多いです。

何故かというとダイレクト捺染の方がオリジナルののぼり旗を
安く作ることが出来るからです。