納品スピードは遅くないか?|安い「のぼり旗」制作

のぼり旗の制作を行う時の注意点には、費用が安いか
高いかという点と希望した日までに納品してくれるかの
納品スピードの点を考慮する必要があります。

実は一番重要とされることは、実際に利用したい日までに
制作を行ってくれ、しっかりと届けてくれるかで、
届けてくれないとその目的で利用することができず
死活問題に発展します。

間に合わない

そのため納品期日を守ってくれる制作会社に依頼することが必要です。

最近はのぼり旗のネット通販が普及しており、
多くの店舗で注文を行えば制作を行ってくれます。

しかも料金も安いネット通販も存在するため、そういった店舗で
制作してもらうことも多くなっています。

ただ注意すべきことは、最初は予定の希望日を決めても
後から予定通りに納品出来ない旨を告げられることも
稀に存在します。

後でその希望の日までに届けられない事態に遭遇するケースは、
安いのぼり旗店には付きものなので注意を行うことが必要です。

のぼり旗の納品スピードは、店によってまちまちであるため、
即日納品を売りにしている場合には早めに納品に対応しているケースがあります。

対応が早い

もっとも格安の制作会社では、費用の面からも多くの注文が
一気に入ることもあるため、そのため製造自体が追い付かず
納期が守れないなども存在します。

また納品してもイメージと違った場合の修正や手直しが
発生するケースもあったりします。

そのため注文を行う上での注意点としては、期間に余裕をもって
注文をすること、どうしても期日までに間に合わせたい場合は
割高でも納品スピードを重視した制作会社に依頼することが肝要です。

通販でもオリジナル作成依頼できるのぼり旗

屋外の宣伝ツールとして活用できるのぼり旗は効果の高さで人気です。
看板に比べると作成も簡単ですし、定期的にデザイン変更もできます。

そのオリジナルののぼり旗を通販でも作成依頼をすることができるので便利です。
近場に業者がいない地域からでも、簡単に注文できるので役立ちます。

高い宣伝効果

そののぼり旗で最も大切なことは、どのようなデザインにするかということです。
屋外で目立つのぼり旗ですが、そのデザインによって注目度は大きく変わります。
いかに目立つデザインや色合いにすれば良いのか、
専門のデザイナーに頼むと費用はかなり必要となってしまいます。

そこで、通販サービスで提供するテンプレートを活用することで、
高い宣伝効果を期待できるものが作成できます。

通販が便利

手続きは全てネット上で済ませることができるので、必要なデータなどがあれば
ネットから送ることが可能です。

また少部数での注文も通販なら可能ですし、逆にチェーン店などの使用で
多くの数量が必要になっても対応することができます。通販では質感などが確認できないことがネックにはなります。

けれどものぼり旗の目的は宣伝効果を高めることで、芸術作品を
作るわけではないものです。

そして通販サービスでは、どのようなデザインにすれば高い宣伝効果を
得られるかのデータもあります。

仕上がりに関してはおおむね安心して任せることが可能です。
キャンペーンなどのために早急に必要となった時でも、
納品も比較的早いので通販はお得です。

インクジェットでののぼり旗の特徴

のぼり旗の印刷方法の一つに、インクジェット印刷と呼ばれるものがあります。
昇華印刷とも呼ばれるこの印刷方法には、いくつかの特徴があります。

まず、製版が不要なため料金が割安であるというものです。
シルクスクリーン印刷では製版を作る必要があるため、
その分が料金に反映され高くなります。

インクジェット印刷インクジェットではその必要がないので、
少量だけを安い料金で作れます。

1枚から印刷することも可能なので、それぞれ
デザインを変えたり色違いを作るのも簡単です。

製版が不要な分、出来上がりまでにかかる
時間も短くなっています。

急いで作って欲しいという時にも使える印刷方法です。
写真やグラデーションのあるデザインの印刷にも適しています。

フルカラーでの印刷が可能なため、人物や料理の写真を
レイアウトしたのぼり旗に向いています。

フルカラー

一方でインクジェット印刷には、生地が薄めなので、
裏が透けやすいという特徴もあります。

そのため色の発色もどちらかというと薄めになるので、事前に
仕上がりのイメージを確認しておく必要があります。

のぼり旗を補強するには?

のぼり旗は、どこのお店でもおいてある大切な商業用ディスプレイです。
たいていのお店は、専門業者に依頼して作成するので
費用もかなりかかります。
またお店のタイプによってたとえば通行量の多い
大きな道路に面した大型販売店など、場合によっては
大量にのぼり旗が必要です。

ディスプレイ

これが壊れたりすると店として小さいようにみえますが、数が
多く積もり積もっていくと相当な金額になりますので
費用の対策を講じないとダメです。

そのためそうたやすくのぼり旗を交換したりするわけには
いかないので、このものに何等かの補強は絶対に必要です。

のぼりの補強

例としてポールプラスチックではなく、軽くて丈夫な
ステンレス製にするとか、旗の生地の部分を撥水や
紫外線防止のラミネートコーティング処理をしておくといいです。

ただしポールを金属にするとそれを支える土台は
しっかりしたものでないといけないですし、またラミネートも
費用がかさみますが、この費用をしっかり初期に
投資しておけば、長く使えるので結局はお得になります。

「初めて、初心者」を謳うのぼりの若葉マークってわかりやすい

のぼりは宣伝をしたい相手を対象としたデザインに
作ることが大切ですが、例えば自動車の教習所であったり
初心者向けのパソコン教室や語学教室のようなもので
あった場合、初めての人でも大丈夫だと言うことを謳う
若葉マーク等がついていると非常にわかりやすくなります。

マークをつけるこのような初心者の人たちというのは、何かを習おうと
している時に、素人であっても大丈夫だろうかという
不安があるので、のぼりを目にしただけでは
お客さんとなってくれる可能性が低いものです。

しかし、そののぼりに若葉マークを記入するだけでも、
そのような不安を持っている人というのは安心感を
持つことになり、そこに行ってみようという気に
させることが出来るのです。

のぼりというのは非常に目に付きやすいものだけに、
パッと見て全てを伝えることができるような作りに
しておくことが重要で、特に対象者が初心者であるならば
それをわかりやすくするために、若葉マークなどを
デザインするのは非常に効果的になるのです。

一目で分かる

のぼり旗を通販で購入する時の確認ポイント

ひと口にのぼり旗といっても、その色や柄、文字の大きさの大小、
配置など、使う業種や場所などによっても、本当にさまざまなものが
用意されています。

現在は、通販でも手軽に注文して、手にすることが出来る
宣伝用のアイテムだといえますが、届けられるまでは
画像でしか確認出来ないものですから、注意が必要な
点もあるのではないでしょうか。

注意が必要

特に、のぼり旗を通販で購入する場合の確認ポイントとしては
大きくてはっきりとした印象を持つ文字が印刷されているものを
選ぶことがひとつでしょう。

また、たとえ文字が大きくて近くでは見やすくても、文字の色と
背景色のバランスによっては、遠くからは見えにくい場合もあります。

そのようなことに十分注意をして、のぼり旗を選ぶと
良いのではないでしょうか。

さらには、選んだのぼり旗の背景色が紫外線によって、
早く退色してしまいやすいことも考えられますから、
文字色とともに、背景色の選択も重要なのではないでしょうか。

文字色と背景