染めのぼり旗の保管方法は?

染めのぼり旗は、日本そば店や神社仏閣、
祭事などの場面で多く見られます。

すぐに製作毎日のぼり旗を立てる場合には、保管を考えることは
あまりないと思いますが、特定の時期だけに
使うという場合は、上手に保管をして
次回使用する際にすぐに使える状態に
しておきたいものです。

保管方法としては、初めに染めのぼり旗を
平らなところにおいて、刷毛のような
柔らかいもので生地にキズをつけないように
埃やごみをはらいましょう。

次に、洗う必要があるときは一般の洗剤で漂白剤や
蛍光増白剤の入っていないもので、
おしゃれ着洗いのようにやさしく水で洗います。

洗剤分が残っていると生地が傷みますし、変色の原因になりますのでしっかりすすぎましょう。
洗い終わったら、乾かしますが綿は湿気を吸いやすいので丹念に乾かします。

選び方のポイント水分が残っていますと、カビの原因となりますので注意します。
最後に保管のしかたですが、大きな紙を用意して半分に折ります。

その中に挟むようにしてから丸めます。
このようにすると多少の水分を紙が吸ってくれるのと、丸めることでシワにならずに保管できるのです。
丸めることが難しい場合は、ラップの芯のようなものを芯にして巻くと上手に巻けます。

また大きいものの場合は、染めのぼり旗の上に紙をのせて巻くと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です