主催者にとって参加者の身体の安全も大切です

イベント開催の折には参加者の身体の安全や健康面でも、主催者が配慮をするのは言うまでもありません。
屋外での会場設営にあたって、問題になるのは老若男女、幅広い年齢層の方が
参加する可能性が高いということです。

もちろん、イベント開催の趣旨や参加するテナントや縁者などの属性によっては
相当程度参加者の属性が限定されることもあるでしょう。

いずれにしても昨今の気候温暖化の影響による熱中症発生のリスクが高いのは、
夏場だけでなく春先から秋にかけて日本全国あまねく観察されるところです。

熱中症の危険性

従来の経験則では熱中症が発症するなど想定できなかったシーズンでも、
高い気温があだとなり救急搬送される事例は枚挙にいとまがありません。

イベント会場での熱中症対策にのぼり旗を活用するのは効果的です。
のぼり旗は風にはためくことで参加者の注意を視覚的に誘引できるために、
注意喚起のメッセージもたちどころに伝達することができるからです。

遮光生地を採用すれば、太陽光に遮られたり、生地が透けて
文字が得続くしずらくなるなどの事象を回避することができるはずです。
イベント主催者にとって頭の痛い熱中症対策に活用するのはいかがでしょうか。

のぼり旗はメッセージが伝わるように生地選びに拘る

イベント開催にあたって、会場への参加を促すだけでなく実際に入場してからの
インフォメーションの提供や注意喚起にも、のぼり旗を活用するのは効果的です。

賑わいや喧騒の中では、音声での意思伝達は認識されないまま音声だけが
会場を流れて行ってしまい、BGMと代わり映えのしない機能にとどまる側面があるのは
否定できないのではないでしょうか。

この点、のぼり幡は、呼びかけに効果的といえます。
それというのも、鮮明な文字でメッセージを印刷できるため、
視覚的に訴求できるデザインとくみあわせることで、
誰にもわかりやすく簡潔に内容を伝達できるからです。

のぼりで視覚に訴える

文字のフォントが大きいことから、視覚的に衰える傾向のある高齢者にも、
注意を喚起するのに便利な機能を発揮します。

のぼり旗の素地には色々ありますが、オススメなのは遮光生地です。
光をさえぎってくれるので、太陽光や現場の照明などによる光の透過を防ぐことができます。

太陽光の方向によっては、遮光性のない素地では、透けてしまったり
視覚的に認識するのが難しくなる可能性があります。

熱中症の発生はイベント会場にあっては、絶対に回避したい事態の一つなので
遮光生地ののぼり旗の活用を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)